花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 善仕奉公 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。読んで下さり感謝致します。 他の人には内緒でお願いします。メッセージのある方は、お手数ですが、休止中の桃水ブログ『季節の過行くままに』のコメント欄を開放していますので、そちらにお願いします。コメントは原則非公開とさせて頂きます。

日曜詩歌  21,9,26

歌人の紹介

在原行平】ありわらのゆきひら 818~893

平安前期の歌人平城天皇皇子阿保親王の子。

母は伊那内親王。業平の同母兄。

わくらばに 問ふ人あらば 須磨の浦に 藻塩垂れつつ わぶとこたへよ

偶然にも私の消息を聞く人があるなら、須磨の浦で藻塩をとる、

賤しい身となって涙を流し辛い思いでいるとお伝えください。

 

明日のために

立川談志師匠】

孤独な人間も、

心のどこかで共感してくれる人や、

共感する言葉を探している。

 

日々想

DVによる、悲惨な事件が起こるたび、

起こってからの対処のことだけしか話し合われないのが残念です。

DVなんて起こらない方がいいに決まっている。

DVを起こさない人間作り、社会作りをするにはどうするべきか。

少なくともこの国の人間作り、教育が間違っているのだと思う。