花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 狂奇冴感 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

愛すべきものすべてに  21,10,16

島崎藤村

椰子の実

名も知らぬ遠き島より

流れ寄る椰子の実一つ

 

故郷の岸を離れて

汝はそも波に幾月

 

旧の樹は生ひや茂れる

枝はなほ影をやなせる

 

われもまた渚を枕

孤身(ひとりみ)の浮寝の旅ぞ

 

実をとりて胸にあつれば

新たなり流離の憂

 

海の日の沈むを見れば

滾り落つ異郷の涙

 

思ひやる八重の潮々

いづれの日にか国に帰らん

 

愛すべきものすべてに

自信がないのは、進化の兆し。これからの人。

自信があるのは、退化の兆し。もうすでに、過去の人。

 

いいことに終りがくるように、

悪いことにも終りがくるものです。

 

頭のいい人達が壊してきた地球なら、

バカが地球を救うかもしれない。

「バカになれ!」いい言葉だな。

 

いっぱい所有する人は、荷物で真実が見えてない。

何も持たない者は、視界を遮るものがない。

 

善と悪を正しく見極められる力を持ったなら、

間違ってても、弱い人、孤独な人の味方になって欲しい。