花猫風月詩酒に酔う  壊れかけの教養 狂奇冴感 桃水ブログ

人類の欲望のつけを払わされる世代への言葉集  大人向けの為 小人の閲覧禁止 個人の見解であり、真実と異なる場合もございます。

寒露 末候 蟋蟀在戸  21,10,18

きりぎりすとにあり

キリギリスが、戸口で泣く頃。

「蟋蟀」は、こおろぎか、キリギリスか、

諸説あり、どちらか定かではないようです。

パソコンではこおろぎと入力すると「蟋蟀」という漢字が出てきますね。

 

「柿が色づくと医者が青くなる」といわれるほど、

栄養豊富なのが柿です。

ビタミンCを多く含み、風邪の予防に役立ちます。

二日酔いにいいといわれますが、渋みのもと、

タンニンがアルコールを分解してくれるためだとか。

 

よろよろと 棹がのぼりて 柿挟む  高浜虚子

 

日々想

そろそろ、コンビニにおでんがおかれる季節でしょうか?

僕はおでんが嫌いで、においも嫌。

あまりにも店内におでん臭が充満していると、

店を出てしまいます。

よくおでんなんか平気で食えるなと思っています。

 

心や体に傷のある人が、みんなと笑顔で歌えるような、

明るい歌詞を書いてみたい。偽の言葉じゃなくて。

青い空のもと、草原の上、みんなで笑顔で歌えたら…

青森でそんな草原見つけた。そこで感じることを言葉にしたい。

雪が解けたら移住しようと考えています。

 

今夜は十三夜。横浜では月が見れそうです。