L'oiseau Bleu

あらいざらいを捨ててしまって、いちばん大切なものを探しにいく。 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり真実と異なる場合もあります。 他言禁止。個人でお楽しみください。

過去りし夏の思い出  22,5,3

スターの言葉

【ジェームスディーン氏】

この街(NY)が最終目的地だ。

ここには世界中のありとあらゆるものが揃っている。

つまり、流れに身を任せれば、どこまでだって行けるのさ。

 

思い出の歌

【autismー自閉症ー】 黒夢さん

僕はおかしい 自閉症の昔が浮かんでる

顔が壊れた 売られた 崇拝など望めない

inside, inside the days, inside 破滅の日

僕はおかしい 分裂する景色を眺めてる

in greys, in grey days, in greys 自爆の日

 

平成生まれの人にも、是非知って欲しいのが黒夢さん。

こういう歌詞、サウンドにも挑戦して欲しいですね。

昭和生まれは、昭和歌謡のみならず、

こういう音楽にも感性を磨かれて育ちました。

 

 

思い思いのフレーズ

「今日わかった 空しいこと 

 むすばれぬ 悲しいDestiny」 松任谷由実さん『DESTINY』

 

後から振り返ると、あんなに相性が良かった二人なのに、

肝心なところで、行き違いや、すれ違いがおこり、

結ばれなかった恋愛の思い出が、誰にでもあると思います。

この行き違いやすれ違いが何度か起こると、

結ばれぬ運命なのかなって、納得してしまうことが、

恋愛に限りませんが、多々あります。

 

他人の言葉を自分の作品として発表してしまうことを盗作といいます。

これから作家を目指す方は、絶対に盗作しないで下さい。

その作品があなたの代表作になってしまったら、いや、ならなくても、

盗んだ時点で、あなたは作家として、本当の敗者になってしまいます。

世間にバレなくても自分は誤魔化せない。

 

詩の世界はね、いい詩が出来ると、

原作者を殺して自分の作品にしてしまうことが昔からあるのです。

あの歌達の原作を、正直に「桃水」としていたなら、

僕等は手を組んで、もっといい作品を世の中に送り出せたのに。

君と逢う事は命の危険を感じる。詩を盗む人とは手を組めない。

さようなら、愛しの人。