L'oiseau Bleu

あらいざらいを捨ててしまって、いちばん大切なものを探しにいく。 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり真実と異なる場合もあります。 他言禁止。個人でお楽しみください。

桃艶の教養  22,7,21

桃の実を見て、猥褻だと感じてしまう大人のあなたに…

「凄いというよりも…すんごいよ。」「ゴクッ」

 

【いろごと辞典から】

いんれつ【陰裂】

女陰(大陰唇)の亀裂線。

陰核の下から陰唇小体までの長さ。

 

【艶唱】

わが身くじって人のしたさを知れ

 

【問題】 「セクシーなぞなぞ(鶴光師匠)より」

疲れたお父さんを癒すパイはなぁんだ?

 

食欲旺盛でも恐怖は感じませんが、性欲旺盛だと恐怖を感じます。

性欲は暴力と紙一重だから。

だから性欲には優しさが必要だし、理性で制御できなければいけない。

制御できないくらい性欲旺盛な方は、治療して欲しいですね。男も女も。

 

【答え】

 乾杯

 

やすらぎは信じあう心から生まれるのだと思います。

パートナーを不安にさせないために、普段の行動から、

うしろめたいことのないようにと、心掛けたいものですね。

 セックスは非常に不衛生な行為です。 

 同時期に複数の人とセックスすることは、

 男性も女性も控えるべきだと思います。

 セックスは信頼できるパートナーとだけ。

 

【おいおい老いる、人間だもの…】

年取ると、男も女もなくなって、

若い女性の裸を見ても、なんとも思わなくなってくる。

実際には見る機会など無いのですが、

見たいとまったく思わなくなってしまう。

これが老人というものか。

心閉ざして、余生を楽しもう。

 

書きたい詩はかなりあるのですが、

何のためにというか、目的が無いのです。

愛すべき人に巡り逢いたい。

 

 

 

愛とは欲望を叶えることではありません。

むしろ、欲望を抑えることを愛と呼ぶ。

パートナーを思いやり、他の人の誘いを断ることが愛であり、

セックスすること自体は愛と呼べません。