L'oiseau Bleu

あらいざらいを捨ててしまって、いちばん大切なものを探しにいく。 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり真実と異なる場合もあります。 他言禁止。個人でお楽しみください。

政の月曜日  22,11,14

貞観政要の言葉

どうか、そちたちは、おのれの信ずるところをはばからず直言し、

政治の誤りを正して欲しい。

私の意に逆らったからと言って、みだりに罰しはしないことを、

あらためて申しわたしておく。

 

国を想うとは

白洲次郎氏の言葉】

議論したければ、議論すればいいんだ。

ところが、痛烈な事を云うと恨むんだね。

人の前で恥をかかしたって。

面子面子っていうけど、8月15日以来、

日本人に面子なんてあるかっていうんだ。

 

塵世傍観

世界はゼレンスキーの政治手法を、正しく検証するべきだと思う。

 

地球の環境破壊だけに飽き足らず、

月の環境まで破壊しようとする計画にゾッとする。

人間は悍ましいね。全然凝りていない。

人間を絶滅させたいと本気で思う。

 

ベビーカーの是非を考えるとき、

赤ん坊への情を入り交ぜてしまうのは間違いだ。

ベビーカーという製品単体で、

社会生活において危険でないかどうか考えるべき。

そのうえで僕は、ベビーカーは大変危険な製品だと思う。

 

猫をボーガンで撃つことは、もちろん酷いこと。

ではなぜ、釣りで魚を傷つけることは許されるのだろう。

釣りも立派な動物虐待だと思う。酷いことだと思う。

 

間違っているのは昔より、今かもしれないぜ。

 

暴力は卑劣だというが、権力ほど卑劣ではない。

権力を私物化する人物に対して、抗う術が暴力しかない場合、

暴力は肯定されていいと思う。

そうでなければ、革命は全て批難されてしまうし、

結果、悪の権力者にとって都合のいいことになってしまう。

民主主義は絶対に反対します。

よく考えて下さい、非常によくない制度だとわかるはず。