L'oiseau Bleu

あらいざらいを捨ててしまって、いちばん大切なものを探しにいく。 大人以外の閲覧禁止 個人の見解であり真実と異なる場合もあります。 他言禁止。個人でお楽しみください。

小雪 次候 朔風払風  22,11/27~12/2

きたかぜこのはをはらう

冷たい北風が、木々の葉を払い落とす頃。

朔風の朔は北という意味で、朔風とは木枯らしのことです。

 

木枯らし

霜降から冬至に至るまでに吹く北寄りの風で、

風速八メートル以上と定められている。

三号あたりまでは大抵が一過性の強風であり、

翌日は移動性高気圧に覆われて穏やかに晴れることが多い。

北風、木枯らし、空っ風。

初冬に吹く冷たい風は、木の葉を吹き飛ばしてしまいます。

葉を落とした幹と枝だけの風木立は、いかにも寒そうな冬景色。

 

晩秋

暦の上では冬ですが、冬至の前のこの時期の都会では、

まだ秋の名残が感じられ、晩秋という言葉が当てはまる気がします。

(立冬前の頃を晩秋というのが一般的です)

秋冷の頃になると、山間の里は毎朝のように霧や靄がかかり、

山ひだを舐める雲海にしばしばうっとりさせられます。

そんな思いを抱くのも、都会では今頃なのではないでしょうか。

 

【December】

ラテン名デケンベル・メンシス(第十月)からきているが、

これも年始が早まったため、二月のずれがある。

 

【京都の行事】

下旬から12月上旬の約二週間 小町祭 随心院

小野小町が晩年を過ごしたと伝えられる随心院の秋の恒例行事。

期間中、鮮やかな紅葉が美しい庭がライトアップされる。

 

【季節の漢詩

劉景文に贈る 蘇軾

蓮尽きて 已に雨を擘ぐるの蓋無く

菊残われて 猶お霜に傲るの枝有り

一年の好景 君 須らく記すべし

正に是れ橙黄橘緑の時

 

蓮は枯れはてて、雨をさえぎる傘のような葉はもう見えぬ。

菊もしおれて、残っているのは、霜に耐える強い茎ばかり。

しかし一年で最も美しい風景を心にとめてほしい。

それは橙が黄に、橘が緑に実る今の季節だ。